広報TOPICS

儀作杉 感動のご対面               平成28年8月23日(火)

広報 秘話≪きっかけ≫

 

 今回の儀作杉とのご対面は、8月15日ホームページの問い合わせ欄に寄せられたメールが縁を取り持つこととなりました。メールの内容の一部を抜粋して記します。

 

 初めてメールいたします。東京都町田市在住の※※※と申します。私の祖父は藤の沢小学校出身で、佐藤儀作といいます。北海道で育つ、儀作スギの生みの親と聞いています。祖父はすでに亡くなっていますが、この度その娘である私の母を連れて念願の北海道旅行を実現できる運びとなりました。その際、いまも藤の沢小学校の近くにそびえるという、儀作スギを一目見たいと考えております。つきましては来る8月23日に札幌の近くまで赴く際に、見学できたらと思いますが、小学校のどこに儀作スギがあるのかわからず、もし場所だけでもわかりましたらご教示いただけないでしょうか。(後略)

 

 突然飛び込んできたメールに即返信メールを送信しました。私たちは学校林を活用した森林環境教育、小鳥の村の森づくりに取り組みながら、その活動報告をホームページで公開してきました。今回の来道のきっかけと儀作杉とのご対面が実現に至ったことに少しでもお役に立てたのであれば嬉しく思います。

「フォーレストスクール」へ講師派遣        平成28年7月16日(土)

「トム・ソーヤー企画コンテスト」全国ベスト50に選ばれました                                                          平成28年7月1日(金)

公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団(日清食品)の全国自然体験コンテストで、学校林を活用して「げんきの森づくりと森の学習」活動企画が選ばれました。

 

  学校林(札幌市立藤の沢小学校)を活用して「げんきの森づくりと森の学習」
春は花が咲き、夏は緑一杯になって、秋には果実が実るげんきな森をつくる。そして、森林を大切にする心を育むプログラム。また、地域の人たちと一緒なって、学校林での植樹体験やツリークライミングを行う。

 

体験農業in真狩村                  平成28年6月5日(日)

ユリの球根4万個を植栽しました

 

ユリの生産量日本一の真狩村「村づくり研究会」が主催する「フラワーロード」(約2㎞)沿いにコブシ大の間隔で黄色い花を咲かせるユリの球根「パピア」を植栽しました。約2時間の作業の後、道の駅真狩フラワーセンターで焼肉を楽しみ、参加者80名が交流しました。花の見ごろは8月中旬頃、満開の時が待たれます。

訪日交流活動紀念冊                 平成28年4月1日(月)

2015 中日友好訪日弓道交流10周年

訪日交流活動紀念冊

北京師範大学珠海分校弓道部・聯合国際学院弓道部発行: 抜粋


昨年9月3~4日に藤の沢小学校と小鳥の村・豊平峡ダム・定山渓温泉において標記2大学との交流を行い、今回藤の沢小学校全校生徒との交流や記念植樹等について学生の感想が掲載された紀念冊が届きました。この中から関係するところを抜粋します。

北京師範大学珠海分校2年生 李巧玉

「日本のお年寄りの態度」

 

前段省略

 

札幌の森とダムの見学時、森友会のメンバ兼英語通訳さんで、北海道大学卒で、定年前が電気エンジニアであった。スキーが好きで、森友会で環境保護関係の仕事をしている。森友会の創立者が森関係の専門家で、老齢になってからも町のために貢献している。尊敬するに値する。山登りの時、最も前に進んでいて、疲れたとか、休もうとか一回も言ったことがない。これほどの優れたお年寄りに出会った。それで、これは日本のお年寄りの普遍的な状態なのか、それともこのグループに限ることなのか、考えた。つまり、高齢になっても、元気で活発して、夢を持っている。彼らを見て、名誉とか利益のことを気にしないことが分かった。自分も将来そうなっていくと願っている。

北京師範大学珠海分校1年生 林子慧

「人間と自然と調和的に共存する悟り」

 

 早起きの早朝において、植樹行のバスに乗り込んだ。小林先生と森友会の先輩に導かれ、みんな協力しながら、木を持ち上げて山登りをしていた。どことなく涼しい早朝の雰囲気で暖かさに包まれている気がしていた。植えたら、先輩がこの山で残してくれた中日友好交流の痕を探り、同じような使命を果たしたような感じであった。10年間に亘って木を植え、10年間に亘って交流を続け、10年間に亘って日本の友人と結んできた友情は山によって銘記される。中略

 

植樹の山から離れてから、森の中の神秘的な小学校、即ち藤の沢まで来た。入ったばかりの時、「鳥を愛する」という校訓を見た。室内にある体育館に入ったら、可愛い子どもたちと情熱たっぷりの先生たちを見たとたんに、感動した。そして、お年寄りの断固さ、子どもの情熱、人間と自然は同じ空の下で共存している調和さがほのぼのとわかったような気がした。以下省略

平成27年度森づくり活動発表会           平成28年2月25日(木)

 

「平成27年度森づくり活動発表会」が定山渓中学校で開催されました。地域の人々と「森林を守り育てる」「子どもたちの森林環境教育」「自然を活用した健康増進」活動の取り組みについて発表しました。

 定山渓中学校の生徒からは植林活動に取り組みながら、札幌の水源の森の国有林を保護しようと、森に生息する動植物の生態調査や学校近くの森に自生するカタクリの花の観察や調査に合わせて、盗掘防止ポスターを作って保護を呼びかけるなど、幅広い活動を継続して行っていることなど報告がありました。小林会長から「定山渓の森は皆さんのお爺さんのお爺さんの時代に植えられた一粒一粒の種が成長し今があること」、「大人顔負けの環境保全の取り組みを知ることができ感動し、ぜひこれからも継続して取り組んでください」とお話しされました。(広報 Y.A)

もりのとも通信 2016年版            平成28年1月24日(日)

2016 新年懇親会                     平成28年1月24日(日)

さっぽろ花と緑のまちづくりフォーラム2015   平成27年11月28日(土)

活動事例発表


 札幌市環境局・みどりの推進部が主催する「さっぽろ花と緑のまちづくりフォーラム2015」が11月28日(土)エルプラザ3階ホールで開催されました。


 今年度各種大臣表彰されたボランティア3団体がそれぞれ活動事例として日頃の活動内容やその成果、創意工夫点等について発表しました。


 当会からは、行天純子理事からプロジェクターを使用して“げんきな森づくりと子どもたちと森や木々の爽やか活動の中から”の表題のもと会の歩み・活動の目標・げんきな森づくり活動・学校林で森づくりと森の多様な体験学習についての取り組みを発表いたしました。


 最後に基調講演講師の真鍋憲太郎さんから総評のお話しをお聞きしました。  

2015年 お楽しみ納山会             平成27年10月25日(日)

道民森づくりネットワークの集い2015       平成27年10月18日(日)

モリ イク Vol.10に掲載されました          平成27年9月27日(日)

コープ未来の森づくり基金レポート モリイク Vol.10

(コープさっぽろ創立50周年記念特別号)特集企画 森で育つ、森を思う人。に

活動内容が紹介されました

緑の保全活動で大臣表彰               平成27年8月4日(火)

広報活動                     平成27年7月28日(火)

環境賞受賞に伴う表敬訪問             平成27年7月30日(木)

地域環境美化功績者表彰              平成27年6月10日(水)

農業体験(ユリ球根植え)と交流会          平成27年6月7日(日)

みんなのデジブック広場               平成27年6月1日(月)

 NPO法人森林遊びサポートセンターのホームページのトップ画面のお知らせ欄に●みんなのデジブック広場があります。現在までの活動記録をテーマごとに本棚に収められて保管されています。過去の記録を振り返ったり、“その日の感動、その日のうちに”をモットーに、日々の活動記録をアルバム風にしてBGMを取り込んで更新しています。ぜひ一度お立ち寄りください。またネットを通じて、それぞれの活動のお気に入り数も知ることができます。

なかま募集                    平成27年5月20日(水)

読売新聞折り込み紙よみうりほっ!とニュース(6月号)になかま募集記事を掲載し会の活動内容を紹介しました。

定山渓国有林・滝の沢散策と森の交流懇親会     平成27年5月17日(日)

募集 ボランティアの森林づくり        平成27年3月12日(木)

道新販売所から発信 ! 歩いて見つけたマチコミ情報「札歩路」に掲載しました。

もりのとも通信 2015年版            平成27年1月28日(水)

北海道の森づくり交流会              平成27年1月31日(土)

平成26年度活動実績               平成26年12月20日(土)

2014納山会                   平成26年10月26日(日)

道民森づくりネットワークの集い2014       平成26年10月18日(土)

道庁赤レンガ庁舎前庭で開かれ北海道森と緑の会主催の「道民森づくりネットワーク2014」に参加して名水コーヒー・ポップコーン・風船の提供と広報パネルPR活動を行いました。

イオン北海道「幸せの黄色いレシート」            (毎月11日)

イオン北海道札幌桑園店で毎月11日に実施している「イオン幸せの黄色いレシート」キャンペーン応援と広報PR活動で毎月当番制で店頭でのレシート回収を応援しました。お客様のお買い物総金額の1パーセントが、後日NPO活動の助成金として給付されます。

イオン北海道「市民まちづくり活動PRコーナー」  平成26年10月1日(水)

札幌市市民まちづくり局市民自治推進室からイオン北海道・桑園店店舗での「さっぽろほっと基金」パンフレットスタンドの利用許可をいただき、お買いもので来店した多くのお客様に広く活動内容をPRすべく常設チラシを設置しました。

日中友好訪日団歓迎集会               平成26年9月2日(火)

毎年秋の恒例行事となった森林環境教育促進事業・日中交流の「げんきの森」づくりは9月2日(火)市立藤の沢小学校・学校林「小鳥の村」で中国学生交流団(内藤敬団長)役員3名、北京師範大学学生16名・聯合国際学院学生8名に藤の沢小学校全校生徒160名、当会会員7名が参加して行われました。交流を記念してエゾヤマザクラを植栽し体育館に舞台を移し子どもたちとの歓迎交流集会ではジャンケンゲームや質問コーナー、歌を披露して楽しいひと時を過ごしました。午後から国立公園支笏湖周辺・樽前山8合目見晴らし台からの展望を体感して笑顔の記念写真に思い出の足跡を残されました。

名刺交換会                    平成26年6月21日(土)

会報 もりのとも 第31号 発行          平成26年6月20日(金)

つながる ひろがる                    

みんなのしみサポ(札幌市市民活動サポートセンターだより)10周年記念特別号の市民活動地域での活動レポート欄で子どもの健全育成を図る活動の事例が紹介されました。

暮らしの養生つづり帖               平成26年1月14日(火)

インタビュー記事

 

コープさっぽろ発行、PR冊子 Cho-co-tto(ちょこっと)2月号 暮らしの養生つづり帖 ⑪にインタビュー記事が掲載されました。

わたしの周りは 超高齢社会             平成25年5月31日(金)

北海道新聞に掲載されました。

 

退職後の20年間 10万時間 何しますか?

「国民の森林づくり推進功労者」 長官感謝状贈呈式  平成24年6月1日(金)

最優秀賞受賞贈呈式               平成22年12月13日(木)

第1回さっぽろ環境賞受賞 平成21年6月25日

       さっぽろ環境賞 環境保全・創造部門 受賞記念写真 札幌サンプラザ 6月25日 

“森林の躍動21世紀”
身近な森林で、植樹・育樹・森遊びから始めよう!
 札幌市では平成21年度から、札幌市内を主たる活動の場として環境保全に関する活動に
自主的かつ積極的に取り組み、その功績が顕著で他の模範となる個人、企業及び団体を
さっぽろ環境賞として表彰することに致しました。
貴団体は、過日開催された同賞選考委員会の選考を経て、
第1回さっぽろ環境賞環境保全・創造部門の札幌市長賞と決定いたしましたので、お知らせいたします。
なお、表彰式は6月25日(木)午後2時から札幌サンプラザで開催いたします。
 
(平成21年5月21日付 札環対第50215号 から抜粋掲載)
 

                                           NPO法人森林遊びサポートセンター 

 

桜の木ブログパーツ

1年を通して桜の木が色を変えて春はピンクの桜の花びらが、夏は青い葉っぱが、秋は茶色の落ち葉が、冬は白い雪が降ります。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

BGM

フラワースタンプ

切手画面の中に数種類のカラフルな花が表示され、ランダムに花が入れ替わります。

このホームページを10の倍数回訪れた方には、そのたびに消印のようなスタンプがおされ、訪問回数が数字で表示されます。

人気ブログランキング

にほんブログ村 教育ブログ 体験学習・野外教育へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然 </body> </html>
にほんブログ村 環境ブログ 環境ボランティアへ
ブログランキング・にほんブログ村へ